褒めよう

褒めよう。

 

できた自分を。

 

頑張った自分を。

 

喜んでいる自分を。

 

そして

 

できなかった自分を、頑張れなかった自分を、嬉しいことなんてちっとも、何もなくてがっかりしている自分を、反省することなく、そっかーって。

よしよし。大丈夫って労ろう。

ただただ優しく。

 

 

あーもう!!

あーもう!!とイライラすることもある。

 

自分のこうでなければいけないんだ というものになれてない時、こんな風にもなる。

 

あーもう!!でいいーじゃない。

 

いいんだよ。それで。

 

早く寝たいのに、やりたいこともある。

 

こうしなくっちゃと思えば、その反対が出て来る。

 

2つの自分に葛藤するから、あーもう!!となる。

 

それでいい。

 

その自分を笑って見ている自分がいる。

 

優しい意識で見ている自分がいる。

 

 

損得

損得で生きていると、真実を見失うことになりかねない。


それは。

損得で何かを買うと、本当に欲しかったものが何だかわからなくなる。


損得で何かを行うと、本当にしたかったことが何だかわからなくなる。


本当の自分からそれてしまうので、自分がどうしたいのかわからなくなる。


そうなると、自分が上手くいかないのは、無意識に当たり前のようた、物のせい、人のせいにしていることがある。


悪循環が始まる。


本当の自分の声を聞かないから、その抑え込まれた自分は、心の奥深くに圧縮されて存在する。


宇宙の法則として、発してるものが帰って来るというものがあります。


本当の自分の声を聞かないから、誰もあなたを認めてくれないようなことが体験としてやって来る。


本当は、こうしたいんだ!でも自分には、お金がない!人脈がない!度胸がない!いろいろない!と思っている思い込みが、損得に向かわせる。


まずは、その思い込みから手放していこう。


そう簡単にはいうけどさ、わかってるよそんなこと!


いいえ、わかっているけれど、手放せないのは、手放したくないからです。


したいことができた経験が少ないと、どうせという思いが足を引っ張ります。


したいことがすんなりできることに、怖さがあったりもします。


エゴは、疑い深いので。


そっか!だから悪循環になっているのか!とわかることから始めましょう。


そして、本当にこの悪循環のループから抜け出したいと自分としっかり対話しましょう。


一致団結して、損得から離れて本当に欲しいもの、したいことを、まずはできることから始めてみましょう。


そして、できた自分を、思い切り褒めまくって喜んで感動していきましょう。


これを休まず繰り返して、それを自分のパターンにしてしまう。


これが楽しくなったら、本当の自分を生き始めます。


すると、したいことが楽しくて仕方ない。

楽しくて、寝食忘れるくらい没頭できたら、あってます。


自分を責めずに、何度でも本当の自分向かうために挑戦していくことも、あなたの自分のしたかったことなのかも知れません。


本当は、どうしたい?

損得でなく、本当の本当は?と、常に自分に聞いて過ごして欲しい。

あれれ?

あれれ?

私、こんなに頑張ったのに、誰も何も言ってくれない。

褒めてもくれない。

 

あれれ?

私がやったのに、他の人の手柄になっている。

 

あれれ?

私に聞いてくれたので答えたのに、相手には、あまり響いていないっぽい。

 

あれれ?

呼ばれたので行ったのに、扱いがひどい。

 

あれれ?あれれ?

 

こんな時がないだろうか?

 

それは、自分が自分の価値を下げているから。

自己評価が低いから。

 

天狗になることではなくて、もっと自己評価を上げていい。

 

本質から見たら自分とは、唯一の個性で、その自分でできること、楽しむことの経験がそれぞれにあって、それ自体が素晴らしいことなのだということを理解しておきたい。

 

だから、自分って素晴らしいと思っていい。

 

自分が自分を素晴らしいと思えたら、あれれ?がなくなる。

 

あれれ?のお蔭で、自分が自分をどう扱っていたのかがわかったのだから、それには、とても感謝なのです。

 

だから外にイヤがなく、全て自分ということもわかり、全て自分だからこそ、やっぱり自分が自分をどう思っているかが、とても大事になる。

 

もっと自分を褒めて、自分に拍手喝采してもいいよ。

 

感謝が足りない

 

「何か楽しくない」

 

そのことの一つには、お金が足りないという思いが、そこにあるからかも知れません。

 

お金があったら、したい時にしたいことができたりしますから、それはそれは楽しくもあります。

 

このしたい時にしたいことができるには、お金だけでなく、健康も、人との関りもでてきます。

 

だから、これを違う角度から見たら。

 

楽しくない時は(お金が足りない時)、自分の体に感謝しているかな? とも見ていきます。

最近、太った〜。

そこばかり、クローズアップしていなかった?

 

楽しくない時は(お金が足りない時)、両親や兄弟姉妹、関わってくれた人に対して、感謝していたかな?

どこか、あの人のここがイヤだとか、上から目線になっていたりとか、ジャッジしていたことがなかった?

 

それが、つまり自分が自分にしていることで、自分をそのままでO.Kと思えない、愛のない状態になっていると、お金=愛が足りないということにもなっています。

 

週末、どんな出来事が起きても、感謝できる自分を意識して過ごしてみましょ。

 

感謝している自分を、本質の自分が「ありがとう」って感謝してくれていますから。

本質からの感謝も感じてみてください。