不満ってどこから出て来るのだろう・・・

 

空間からポッと出てきたわけではないし、出て来るとしたらその本人から出てきている。

 

だから、何かに対して出て来た不満の元は自分にある。

 

それ(不満と思った出来事)を不満と感じる元が自分にある。

 

不満は、何か出来事があって出て来たのだけれど、実は出来事はどうでもよくて。

 

自分だけ足りない(と感じていた)、自分だけ見てもらえなかった(と感じていた)、自分だけうまくいってない(と感じていた)、自分を認めてくれてない(と感じていた)、自分だけダメだというように感じてしまっていたベースから立ち上がっているものだと思う。


それを反対から言うと、あの人だけ持ってる、あの人だけ特別扱い、あの人だけうまくいってる、あの人だけお金持ち、あの人だけ綺麗、あの人だけなんちゃらかんちゃら・・・

 

単純に人との比較で生まれている。

 

比較していたベースがあるから、自分が満たされていないと感じている所から、不満となって出ているように思う。

 

では、満たされていないという感覚は、いつどこで感じたのだろう。

 

そこからその原点を知ることが出来ると、この不満は、三次元のマジックであることにも気付けると思う。

 

本当は、全て何もなくて何も欠けてなくて。

満ちみち溢れていた愛そのものなのだけれど、三次元は、片方ずつの体験だから、たまたまどちらかの体験の時に、自分で自分は満たされていないと決めてしまっていた。

 

外しか見ることの出来なかった目だから、誰かを見て、自分の基準を作ってしまって。

このベースが自分にあると、そりゃーいつまでもこういう出来事に右往左往するわけよね。。。

だって、ベースが変わらないんだもの。

 

あーあー、自分の人生何やってたんだ!!!

 

そう気付いた人達が、仕組みを知ってイキイキ過ごし始めてる。

まだ間に合うし、どっちで生きていてもいいのだけれど、自分が自分にどうありたいかは、決意は必要でした。

 

日々、コツコツ。

自分のベースを替えていく作業は、楽しい♪

時に楽しくなくなっても、これがエゴかーってわかるから不満はないです。

だから、不満から得た満たされている〜ってこともないです。

日々、これでいい!だけです。