ゴシップは体の細胞を傷つけるのかも

 

我が家には、テレビがありません。

 

それは、だいぶ前に 騒音おばさん という話題になった人のニュースを見ていて、気持ち悪くなったから。

 

テレビをつけるたびに、そのニュース。

来る日もくる日もその女性の鬼気迫る映像と、それに対する様々なコメント。

 

 

また、テレビを楽しんでみていると、フッとCMになる。

それも、ここぞ!というくらい集中しているところにCMが入る。

これにも気持ち悪くなった。

 

テレビを見ていて疲れた。。。

 

楽しい疲労感ではなく、疲れて気持ち悪くなって、吐き気までして、なんか体の細胞がぐったりした感があった。

細胞がぐったりすると、顔色までも悪くなって一気に老けた気がする。

 

テレビについていけなくて、思い切ってテレビを処分した。

 

新聞もやめた。

 

欲しい情報は、人から聞けたり、インターネットで得ることができる。

欲しいものだけチョイスしているので、いつも楽しく嬉しくなる。

それだけでも、体の細胞に負担がかからない気がする。

 

自分の体のために、ゴシップは見ない方がいいと感じる。

 

自分の中にあるものしか見聞きしないからこそ、見るものを選べるということもできる。