砂粒の私

宇宙から見たら。


私なんて浜辺の砂粒1個みたいな感じかも知れない。


砂粒1個みたいなものだから、自分なんていなくても何も変わらないよね。


そんな風に思う。


そんな砂粒1個だから、自分が何をしてもしなくても、いいも、わるいも何の影響も与えることもないよね。


そんな風に思う。


そして、もしこんな風にそれぞれが思ったら。


浜辺の砂粒1個がなくなっても、確かに何も変わらないかも知れないが、こんな風に、1人2人って、一粒ずつなくなったら、浜辺は成り立たない。



そんな砂粒1個だけれど、私には、全体を作っている価値がある。


あなたも同じように、全体にはなくてはならない価値がある。



私は地球に住んでいる。


砂粒1個だから、誰にも影響を与えていないし、地球にも何の影響も与えていないと思ってしまうけれど、地球に住む1人なんだ。


私が心地よく住むために、地球に感謝しながら、地球を労って過ごしたい。


それは、基本の、美味しく食べて、美しいものを見て、隣人と笑い合える日常からできること。


食べる飲む器やお箸。

マイ箸持参して、水筒持って。

砂粒1個がやっていても、地球は何も変わらないかも知れないが、隣の砂粒さん、そのまた隣の砂粒さんがそうしていたら。


この世界の物質を最小単位までにしたら、粒と波の性質になるように、極小の粒が集まれば、大きな物質になっていく。



そして、意識の面でも。

全ては、自分の現れ。

見えていない自分の無意識が、外の人や物、今日見たものが全て自分。


そういう仕組みを知ることで、外との争いがなくなる。


だから、注意深く外の自分を見て受け入れて、見せてくれた外に感謝が湧き出て、自分が安心していく世界を創ることも、砂粒1個の私にできること。


意識して過ごしていかないと、すぐ、「どーせ砂粒1個だから」ってなる。


砂粒1個の私だけど。

されど なんです。