Bodyセッションモニターさん募集

関口によるボディセッションモニターさんを、月2回または、月4回お越しいただける方でさらに募集致します。

 

既に先月募集させていただき、ご体験いただきました方々からは、お蔭様でご好評いただき、引き続きお願いしたいです!とのお声を頂戴いたしました。

ありがとうございます。

 

Bodyセッションは、とにかく体を少しでも楽にしたい、それもできたら1週間位はそれをキープしていたい!

お手頃価格だとなお嬉しい♪ 忙しいからちゃちゃっと。マッサージは、好きじゃーないので、そうでない方法で。etc・・・

 

皆様のご要望に少しでもお応えすべく。。。

外は、私 ですので。

 

関口の持っている技術?でBodyセッションはじめてみました。

(リフレクソロジーやアーユルヴェーダ、アロマテラピー等のBodyワークの資格も所有しておりますが、)

 

*注意*

・マッサージはしません。できません。

 

・気功、レイキではありません。たぶん・・・受けたことがないのでわからないのですが。

 

・ただ、ベットに横になっていてください。

そして、首のお疲れ、肩のお疲れ、腰のお疲れ、背骨の歪み等をまずはご一緒にチェックしていきましょう。

 

・そして、少し触らせてください。

触られるのが嫌な方は、触らないでも、、、できる、、、かなぁ〜。

 

・体に溜まっているジャッジを拝見しますが、目には見えない部分ですので、こういう点を楽しめる方でご参加ください。

おどろおどろしいものではないと思います。

 

・そして、体ともお話していきますが、深くは、個人セッションでじっくり解放していただきたいので、Bodyセッションでは省略致します。

 

すると

30分で、全身が軽〜くなられたり、元気になったり、ラッキーな体験が来たり、足がゆるゆるになったり、正座ができるようになったり、階段の上り下りが楽になったり、愛犬さんの様子までも落ち着いたり、皆様個々に喜んでお帰りいただいております。

 

 

関口は、とにかく楽に楽しく過ごしていくをテーマに、皆様にも、本来の自分を知って、エゴの自分は応援団に回って、自分を楽しめるよう、そのお手伝いをさせていただいております。

 

個人セッション→ヨガ または、ヨガ→個人セッションという、ご自身で自分と向き合うのが一番ベストですが、たまには、他力で〜という時は、Bodyセッションもプラスしてみてください。

 

 

*お願い*

・モニターさんは、関口のセッションを受けたことのある方、関口のヨガにご参加いただいている方、卒業生のヨガ教室に通われている方または、既にBodyセッションをお受けいただいた方からのご紹介者様。

 

・女性限定ですが、男性の方は、ご家族の方とご同伴で可能です。

 

・終了後、アンケートにお答えくださいますようお願い致します。

 

30分3,240円ので有料モニター価格となります。

 

・動きやすい服装でお越しください。

 

 

▼お申込み方法

・こちらのカレンダーより空きのあるお日にちとお時間でご希望の日時をお知らせください。

月4回の方は、予め4回ご予約ください。

月2回の方も、予め2回ご予約ください。

 

・モニターさんでの募集のため、行きたい時にご予約♪となりますと、なかなかお日にちが取りづらくなると思いますので、予めのご予約を何卒よろしくお願い致します。

 

・前回ご参加いただきました方も、今回もご参加いただけます。

 

・お申込みは、LAIN@または、弊社サイトのお問合せフォームよりお申込みください。

 

友だち追加

 

 

怒りの感情

うちのインストラクターが、ある出来事に怒っていました。

その出来事に関わった人に怒っていました。

 

感情がドバーっと出ました。

けれど、冷静に見ているもうひとりの自分もいました。

 

そして、セッションを行いました。

 

インストラクターと私。

 

私が、インストラクターの話を自分のことと聞きます。

鏡に映る私がしゃべっている感覚です。

 

そして、私から出る言葉は、インストラクターの中にあるものが、私を通してしゃべります。

インストラクターから見たら、私がインストラクターが映っている鏡の自分。

 

こうして受け取り合いをすると・・・

 

インストラクターがインストラクターだけしか感じなかったことが、相手が感じていたことも見られるようになりました。

 

それは、同時に見ることのできる位置になります。

その瞬間、本質の自分を掴みます。

 

すると、「そっか」となります。

 

怒りの感情が、その裏にある穏やかさと一つになります。

 

三次元では、同時に体験ができないから、片方ずつの体験になるけれど、片方ずつが実は同じものとわかれば、その感情を最初に持った時まで癒されていきます。

 

三次元は、体験型アドベンチャーランド。

だから、本当は楽しいものなの。

 

こうしてコツコツ自分のペースで自分と向き合うことで、安心して体験型アドベンチャーランドで遊べるようになります。

 

ちゃんとお家(本質)に帰れるので、お家から遊びに来たことを思い出してくださいね。

そうしたら、出てくる感情もいい悪いがなくなってくると思います。

 

今は、「くーっ!!」となっていたり、凹んでいたり、パワーがなかったりしても、気持ちの波があっても、コツコツやっていると、コツを掴みますから。

 

どんな自分にもO.K!です。

 

感情が出せたことで、同時に見ることができて何よりでした。

 

 

 

 

 

脚の冷え

 

暑い毎日ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

この暑さで、体もお疲れが溜まりやすくなっていないでしょうか?

 

 

ヨガにお越しの生徒様にも、夏特有のお疲れが見られます。

どのようなお疲れがあるかといいますと、一番多かったのは、脚のむくみ。

 

いろいろな原因があるかと思いますが、代謝が落ちるとむくみやすくなりますね

 

水分を取ることは必要なのですが、夏は、冷房による冷えや、運動不足、寝不足でも代謝が落ちるといわれています。

また、入浴をシャワーで済ましたり、睡眠中の冷房や扇風機による冷えからも代謝が落ちます。

 

代謝が落ちると循環が悪いため、暑さも手伝って「ボ〜ッ」とすることもあります。

眠くてしょうがない・・・

 

こんな時は、お車の運転も気を付けてくださいね。

 

暑さからイライラすることも、腎臓に負担がかかります。

腎臓は、お小水を濾し出す所ですから、なおさら。

 

 

そして、特に女性は、夏ならではのオシャレも楽しみたいですから、素足の方も多いかと思います。

私も、夏は、足のネイルを楽しんでおりますが、今年は、お年頃のせいか素足だと何か冷えてるよね?という感じがあり、さらに、脚のむくみを感じることが出てきました。

 

こんな時は、普段以上念入りに、40度位のお風呂に瞑想をしたり本を読んだりして入って、汗をダーッとかきます。

入浴後は、汗が引くまで十分に休息して、水分補給もし、30分以上してからひらきヨガの足首回し、ふくらはぎプルプル、足裏もみもみをして、シルクのレッグウォーマーを履いて寝ます。

 

翌朝の脚のだるさが違います。

 

さらに、うちの美佐子インストラクターから教えてもらった、福助さんのストッキング

初めはちょっとだけ、「えーっ」と思ってしまいましたが、これが、普段パンツスタイルの多い私には、重宝しております。

ネイルも楽しめます。

美佐子ちゃん、ありがとう♪

 

足首に老廃物が溜まりやすいので、足首が冷えないことは大事です。

 

この夏の過ごし方が、秋以降にも出て来ますから、どうぞ御身おいといくださいね。

 

確かにいろいろ痛い

 

皆様には、お変わりございませんか?

 私事、ご心配させてしまい申し訳ございません。

 

口は、元気ですので(笑)大丈夫です。

 

高知から届いた甘くて美味しいおみかんで、元気が出ましたよ!!

村上様、ありがとうございます。

 

 

そう。痛いものは痛いんです。

確かに病院の先生もおっしゃっていましたが、心理的なものでも痛くなるのです。

 

そうなのですが、だからこそ、痛いね、痛いね、痛いよねって寄り添います。

 

今までよくしてあげようとか、治してあげようとか、一方的なことが多かったけれど、寄り添うことは、受け容れることにも繋がっています。

受け容れることで、今を掴みます。

 

そして、発しているものが返って来るシンプルな法則。

そう、今この自分でO.Kなのです。

今この症状でO.Kなのです。

 

痛いものは痛い、うんそうだ。

 

これが面白いことに、少しでも意識が外に向くと(無意識)、自分を大事にすることではないものが返ってきます。

 

折角の機会ですから、全てはバランス。

じっくり体と向き合って整えていきたいと思います。

 

骨のセンタリングを1ヶ月。

自分のために。

 

手放せば満ち足りて

 

毎日何だかやることが多すぎて、時間が足りない感じがする。

やる気はあるのだけれど、思うようにはかどらない。

 

年齢的なものもあるかも知れない。

 

だからこそ、家の中を動きやすい導線にしたり、必要のないものは、思考も含めて手放していきたい。

 

プライドや持っていても何の役にも立たない思い込み。

使いにくいものや着心地のよくないもの。

 

思い切って手放すと満ちてくるという法則。

 

さて、何から手放そう。

まずは、これから15分。

思い切り片付けて(手放して)いこう!