ドックケアヨガゆるむほぐす会様

今年の仕事始めは、ドックケアヨガ/ゆるむほぐす会(ゆるほぐ)様から。嬉しい限りです!!

 

今年も、お近くからあるいは、ご遠方から、皆様早朝よりご参加くださり、ありがとうございました。

 

 

初め、しつけ教室で開催していたドックケアヨガに、銀次郎君のママがご参加くださり、ドックケアヨガの面白さ?をお友達にご紹介くださって、今では会を主宰してくださって早何年?

 

 

銀次郎君は、初め、ママと同じように、お友達に

「ヨガ、ちゃんとやってる?」

「みんな集中だよ!」

「ここは、こうするんだよ」

って先生役でなかなか寛げなかったけれど、今では、お口元ゆるゆる〜の気持ちいい〜お顔を、いっぱい見せてくれるようになりました。

 

ドックケアヨガは、愛犬さんと一緒にヨガをする。

 

どんな風に?

 

関口の行うヨガは、愛犬さんとポーズを主に行うというよりは、何故ポーズをするのか?

そんな所から始まります。

 

この三次元の仕組み、表裏一体同時存在のそれも二重構造になっている点を通して、愛を教えてくれている愛犬さんと一緒にヨガをすることで、愛の自分(本質)に戻るためでもあるから。

 

そこをお伝えしていくことが、このドックケアヨガなのです。

 

本質の自分は、ジャッジのない、両方を同時に見ているという位置にある。

 

この自分で生きることができれば、何の問題もなくなって来る。

安心して生きていける。

 

けれど、三次元の私は、エゴまみれ。

1つと見なせず、分けて見るエゴには、この本質に触れる空間(ヨガ)は、苦痛な時間でもあります(笑)

 

 

そして、本質の自分を知りたい!!と何処かで思う方には、幾度となくご参加くださり、「あの場にいることが、何より自分に大事」というお声をいただくまでになりました。

 

銀次郎くんママ、やって来て本当によかったね。

ありがとうございます。

 

何より嬉しい言葉。

だって、本当はみな、自分が愛そのものだって知っているのだから。

 

 

 

ねっ、ごんちゃん。

今年は何処行きたい?

お日様ポカポカ日当たりのいいリビングで、ママとパパと過ごして、いつものお散歩コースをお散歩すること。

 

当たり前の日常だけれど、当たり前のことができる今に感謝なのです。

愛犬さん達は、今に生きています。

今を教えてくれる愛犬さんは、愛そのものなのです。

 

 

アイスくん

去年は、お姉ちゃんのバニラちゃんが、手術をしたり、パパやママも体調を崩されたりして、ボクもちょっとお疲れモード。

病気と健康が同じもの だなんて理解し難いかも知れないけれど、病気を受け容れると、同時に健康も受け容れたことになり、

二つを分けずにいられたら、病気でも健康でもない。

何もない。

 

だから、アイスくんも7日頃までは、のんびりするって。

パパやママの内側そのものでもあります。

 

 

プリマちゃん

ママは、ひらひら〜とか、ピンク〜とか苦手らしいけど・・・

私は、真っ白いレースの付いたカートに乗ってみたいなぁ。

 

好きと嫌いも同じもの。

 

ママには、それが嫌いになったはじめがあって、その時の決めつけが嫌いを作っているだけ。

この世界の何一つ嫌うことがない状態。

これを悟りという。

 

みんなね、赤ちゃん時、私ピンクきら〜いってなかったと思うの♪

だから、何かきっかけがあって、その思い込みがそこにあるの。

 

それを外すきっかけを、愛犬さん達は教えてくれてたりもする。

凄い存在だ!

 

 

アリシアちゃん

ママが、足を投げ出して、そのお膝に乗って寛いでみたいなぁ。

うん。

ママ、忙しくてのんびり寛いでいる時間がないね。

だから、教えてくれているんだよね。

 

ママの楽したい!をね。

今年は、楽で楽しかったらあってます。

 

 

モカくん

お引越しをして、美味しそうな匂いがするお魚屋さんを発見!!

ただそこは、狭い道だったから、お散歩コースから外れちゃったけれど、ママにお伝えしたからね♪

五感ときめくお散歩、楽しんでね。

 

愛犬さんを通して気付くこと。

ん?私も何か我慢していることなかったかな?って。

ほんとーはしたかったのに、辞めちゃったことなかったかな?

そんなことをモカくんが教えてくれています。

 

 

サスケちゃん

がね、、、今日はヨガをしようと思ったのだけれど、あんこちゃんがね、「私がやりたーい!!」ってずっと言ってて(笑)

そっかって譲ってくれてありがとうね。

 

自分もしたい。

そして相手もしたいっていう時、困るなぁ〜。

 

それは、日頃から自分のしたいことをしていないと、そんな場面を作ってしまっていただなんてね。

そんな仕組みだったなんてね。

 

罪悪感なく、自分のために生きましょうね。

すると、外側ともスムーズになるから。

 

 

はじめましてのピナちゃん

きんちょーします。

はじめてですけれど、私、焼き肉食べに行きたいんです。

 

ピナちゃん、肉食系女子ですか♪

 

マナーパンツ履くのイヤです。

うん。

それもきっとどこかで、ママ達のこうしなければいけないのだけれど、これは恥ずかしいかな?っていう無意識を拾ってくれていたからかも知れないね。

愛犬さん達は、本当に私達の無意識を見せて教えてくれます。

 

私達が、本当の自分になるために見るべき無意識。

無意識っていう位だから、自分ではわからないのだけれど。。。

 

無意識には、ジャッジが乗っていることが往々にしてあり、このジャッジをノージャッジにして、自分に戻るからこそ、見たい意識でもあります。

 

そこを、愛犬さん達が見せてくれるのです。

 

ドックケアヨガは、ヨガは、奥が深いのです。

本当の自分を知るため、三次元の仕組みを知って本当の自分に戻る、アセッションすることができるヨガでもあります。

 

エゴには、苦痛かと思いますが、本当の自分で自由に楽に安心して生きていきたい方には、是非ご参加いただきたいヨガでもあります。

 

今年も、ゆるむほぐす会様、カインズホーム鶴ヶ島店犬の学校goodone様にて定期開催していきます。

また、各地出張も可能です。

 

お気軽にお問い合わせください。

皆様と愛犬さんにお目にかかれるのを楽しみにしております。

 

 

Photo by 銀次郎くんママ